話題の「チューリップ財津和夫」とは!?

ニュース

話題の「チューリップ財津和夫」とは!?

CU-media最新情報!!
こんにちは。今日は、「財津和夫」をご紹介しちゃいます。チューリップというグループのリーダーでした。多分知っている人は、ちょっとご年配の方が多いと思います。
それでは、ごゆっくりどうぞ!!

財津 和夫(ざいつ かずお、1948年2月19日 - )は、日本のシンガーソングライター、作曲家、音楽プロデューサー、ラジオDJ、俳優。ポップスグループ「チューリップ」のリーダー。2004年から大阪芸術大学芸術学部音楽学科教授。血液型O型。和製ポール・マッカートニーと呼ばれる日本のメロディメーカー[1]。 既婚。

生い立ち[ソースを編集]
福岡県福岡市出身。5人兄弟の末っ子として生まれる。長男と次男は財津が生まれる前に他界していたため、3人兄弟で育った[2]。財津家は元々は熊本阿蘇地方をルーツに持ったが、戦時中は朝鮮で生活をしていた。そして敗戦と共に福岡の親戚を頼って日本へ引き揚げ、福岡競輪場で食堂を営んでいた。そのため、兄弟の中で唯一の福岡生まれであった[2][3]。なお「和夫」と言う名前は、福岡の自宅の近くに在った昭和鉄工の「和」の字を採ったという[2]。子供のころから映画を観たりFENを聴いたりして、アメリカに憧れを持ち、その影響の延長で洋楽にはまって高校時代にビートルズに憧れるようになった[3]。自宅は何度も立ち退きに遭い、小学生時代だけで3回も転校している[4]。

財津和夫 !

青春の影 !

青春の影 !

アルバム表紙が懐かしい!

サボテンの花!

「ひとつ屋根の下」

「ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド)!

Norwegian Wood(This Bird Has Flown)」LIVE!

ミュージシャンとして[ソースを編集]
1970年代から活躍しているニューミュージック系ポップスグループ「チューリップ」の中心的人物。チューリップのほとんどの楽曲の作詞、作曲を手がけている。1989年のチューリップの一時解散以降はソロ音楽活動を中心に活躍。1997年のチューリップ再結成後は、2〜3年に1回の頻度でツアー活動を軸にチューリップとしての活動も展開中。
1963年、福岡県立香椎高校に入学。ブラスバンド同好会に入り、アルトホルンを担当。映画好きなことから映画同好会も立ち上げたが、こちらはすぐ自然消滅したという[5]。在学中に上記のビートルズに憧れ、独学でギターを学んだ。1966年に同高校を卒業するが、一年間浪人する形で受験勉強をした。翌年、西南学院大学法学部に合格して、入学(のちに中退)するが、浪人中にはビートルズの武道館コンサートを見るために上京し、観賞していた(ビートルズをそれほど好きではなかった女子の友人にチケットを譲ってもらっての観賞)[6]。大学に入学すると、吉田彰と共に和製ビートルズを目指して、1969年、チューリップの前身となる「ザ・フォーシンガーズ」を結成するが、業界からは認められなかった。1971年、バンド名を「チューリップ」に改名する。のちに海援隊や甲斐バンド、井上陽水などを生んだ博多の伝説的音楽喫茶「照和」でライブ活動を展開し、人気を博した[7]。メジャーデビューを目指して、福岡時代の旧知で、当時ビートルズのレコードを手がけた東芝音楽工業(現EMIミュージック・ジャパン)ディレクターの新田和長を頼ってに自らデモテープを売り込み、1972年、東芝音工よりシングル「魔法の黄色い靴」でレコードデビューを果たす[8]。同年、アルバム『魔法の黄色い靴』、翌年、2枚目のシングルとアルバムをリリースするも売れない日々が続いたが、3枚目のシングル「心の旅」(1973年)が発売5ヵ月後にオリコンチャート第1位を獲得。連日のようにテレビ音楽番組に出演するなど、一躍スターダムにのし上がる。その後も自身がボーカルをとった「青春の影」(1974年)、「サボテンの花」(1975年)、「虹とスニーカーの頃」(1979年)などを次々と生み出したが、メンバーの脱退・加入を繰り返したのち、チューリップは1989年に一時解散した。
チューリップとしての活動と平行してソロでの音楽活動も展開、1978年にソロデビューを果たしている。同年、NHK番組『みんなのうた』に採用された「切手のないおくりもの」は、のちに小学校の音楽科の授業で使用される歌集などにも掲載され、国民的愛唱歌として25年を経た現在も広く歌い継がれている。1979年には、2枚目のシングル「Wake Up」がテレビCMに起用されるなどヒットチャートを賑わせた。また、ソロ音楽活動と同時に、作曲家として木之内みどり、松田聖子、沢田知可子、藤井フミヤなど多くのアーティストに楽曲を提供(松田と藤井は同郷出身)。とくに「チェリーブラッサム」(1981年)から「白いパラソル」(1981年)まで作曲した連続3作品(いずれもオリコンチャート第1位獲得)は、アイドル松田聖子の人気を不動のものにした。1986年には音楽番組『財津和夫のPOPS探偵団』(フジテレビ)で司会を担当。1975年からパーソナリティを務めたラジオ番組『財津和夫の人生ゲーム』(東海ラジオ)は1988年3月に終了するまで13年間続いた長寿番組になった。同番組は2001年に『財津和夫の人生ゲーム21〜心の旅〜』として再スタート、現在に至る。

財津和夫さんの祖父の民平さんは?

貧しくて小学校に通えない・・・

財津和夫さんのファミリーヒストリー泣きそうになった(ノ_・。)

くるりさんの曲がまた涙を誘ってくる !

財津和夫さんのファミリーヒストリー面白かった。

両親に雇われていた朝鮮人の...

エピソード[ソースを編集]
1987年9月28日、『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」に初出演。財津は前週金曜日に出演した同郷の杉真理の紹介で登場した。ちなみに財津が紹介した翌日のゲストはブレッド&バターだった。
自身の結婚について、結婚式もやってないし披露宴もやってないと話す。その時は何だそんなもんって気持ちだったが、若気の至りの一つだったとも語っている[10]。
2008年、チューリップメンバーは、NHKの企画で『Tulip 青春のラストラン』に出演した。同番組は、35年間の歴史に終止符を打ったチューリップの軌跡をたどるものであった。
つのだ☆ひろとは上京して以来の友人。つのだは、たまたま見たデビュー前のチューリップに魅了され、プライベートで付き合うことになった。当時、財津がチューリップのメンバーと共同生活をしていた南青山のアパートにつのだはよく出入りをしていた[11]。一方小田和正とは古い友人で、昔は2人でよくゴルフに行っていたという。出会いは1969年の「ライト・ミュージック・コンテスト」に共に出場したのがきっかけで、オフコースは自分の憧れだったと語っている。オフコースのファンクラブ「オフコース・ファミリー」の第1期(1973年)会員で、申し込んだのは発起人の3人のすぐ後の4番目だった。係の人によって「キリのいい番号」として、会員番号10番となった[12]。
2016年9月8日、NHKの番組『ファミリーヒストリー』では、財津一郎とは遠い親戚であることが分かった[13]。

福岡サンパレス!!

クリスマスの予定決定!

財津和夫的な花が咲いた!

明日は良い事あるかも!

今日のNHKのファミリーヒストリーは、チュ一リップの財津和夫さん。

コメディアン財津一郎さんと一族だっ...

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ